イヤホンを使用するにあたっての注意点

イヤホンを使用するにあたっての注意点

イヤホンは、耳に一番近いところで音を創り出すとても便利な装置です。
音楽を聴く以外にも動画やゲームを楽しむなどと、今後もますます手放せないアイテムです。そんな便利なアイテムであるイヤホンを、今後安全に使用していくにあたっての注意点をご紹介していきます。

■難聴に注意しよう

イヤホンを使用するにあたり、難聴に注意するようにしてください。
大きな音はもちろん、長時間聴き続けるのも聴力の感覚細胞が傷つけられ、難聴の原因となります。そのため、寝る前に使用するときは注意が必要です。使用するときはタイマーをしっかりセットしておくことをおすすめします。
またイヤホンで音を聞くのは、スピーカーで聞くのと比べて周波数が高く、耳に負担をかけてしまいます。
どちらにしても使い過ぎは良くありません。ボリュームもできるだけ下げるようにしましょう。

■交通事故に注意しよう

スマホやiPodの普及により気軽に音楽を楽しむことができるようになっていますが、それと共に近年、イヤホンでの外部音情報欠落による交通事故が増加傾向にあります。警笛が聞こえないというのが大きな原因となっているようです。楽しむのは良いですが、それで命を失ってしまっては元も子もありません。
自転車での走行中は外し、歩行中には外すか適切なボリュームに設定するなどを心掛けましょう。

■取り扱いに注意しよう

イヤホンがある日突然、片方しか音が聞こえなくなったという経験をしたことがある方はいらっしゃるはずです。これは間違った取り扱い方が原因と考えられます。
イヤホンをスマホやiPodにぐるぐる巻きにしている方、抜くときに根本ではなくコードを引っ張っていることはありませんか。これらは断線の原因となってしまいます。また、濡れた手で触ったり、料理で油のついた手で触ったりするとショートの原因となりますので注意しましょう。

通販を活用してイヤホンを購入しようとお探しの方は、キットカットオンラインストアにて販売していますのでご利用ください。
ブルートゥースワイヤレスレシーバー&イヤホン、ビーツ・バイ・ドクター・ドレ(Beats by Dr.Dre)、やBOSEのQuietComfortシリーズなど豊富に取り揃えておりますのでどうぞお買い求めください。