iPhoneに多い故障原因について

防水ケース

今や生活必需品とも言えるスマートフォンは子供から大人まで、幅広い世代で活用されています。次々に新機種が登場していますが、中でもiPhoneの人気は非常に高いです。その一方で故障などのトラブルもよく聞かれます。

■液晶パネルのひび割れ

iPhoneの故障原因で最も多いと言われているのが、液晶パネルのひび割れです。うっかり落としてしまった、ズボンのポケットに入れたまま座ってしまった、物にぶつけてしまったなどが原因として挙げられます。液晶パネルには強化ガラスが使用されているため、小さな傷なら大丈夫と放置する方も少なくありません。しかし、放置することで小さな傷は徐々に悪化し、ひび割れの範囲を広げてしまいます。また、ひび割れによってパネルの反応が鈍くなったり、画面の中が滲んだりといった不具合も起こる可能性があります。

■水没・水濡れ

水没・水濡れもiPhoneの故障原因としてよく聞かれます。飲み物をこぼした、雨で濡れてしまった、立ち上がった時にトイレに落としたなど原因は様々です。水没した場合、絶対にやってはいけない行為が「電源をONにする」ことです。表面が乾燥していても、実は内部に水分が残っていることがあります。その状態で電源をONにすると、ショートしてしまうのです。同様に充電もNG行為となります。素早く乾燥させようとドライヤーなどを使用するケースもありますが、腐食が進行する可能性があるので避けましょう。

■電源ボタン・ホームボタンの不具合

iPhoneはホームボタンを利用して操作しますが、使用年数とともにボタンの効きが悪くなってきます。ボタンを強く押したり、何度も押したりしているとボタンが陥没することもあります。誤作動やバッテリーの減りなどにも影響してくるため、早めの修理が必要です。

iPhoneをトラブルから守るためには、日頃から丁寧に扱うことが大切です。万が一に備えてスマホケース・カバーを取り入れるのもおすすめです。キットカットオンラインストアでは、iPhoneのおしゃれ・保護にぴったりなケースを通販にてご提供しております。保護性と利便性を兼ね備えた防水ケースのLifeProof(ライフプルーフ)などもございます。お気軽に通販をご利用ください。