Macメモリ交換時における注意事項

Macメモリ

Macをもっと快適にしようとメモリ交換をご自身で手がける方もいらっしゃるはずです。
Macのメモリ交換には様々な注意事項があります。失敗しないためにも、Macメモリ交換時における注意事項のなかから特に注意する項目について、ご紹介していきたいと思います。是非ご参考ください。

■静電気に注意

冬場の人の体には、何万ボルトもの静電気が滞留しているといわれております。静電気は精密機器に触れると放電し、機械を壊してしまう可能性があります。夏場はそれほどでもありませんが、冬場にメモリ交換を行う場合は、静電気を発生させる衣類などを避け、作業前には体内の静電気を地面の金属部分に放電させてから行うように十分に注意してください。
また、メモリの端子部分を壊してしまうと、Macが壊れてしまう可能性もありますので、無理やり外したり入れたりしないように注意してください。

■メモリの相性

メモリによっては、個体差や設計によってまれに相性が悪い場合があります。正常に動作しなかったり、動作してもMacがフリーズしやすくなった時は、この相性問題を検討されたほうが良いと思います。
メモリの相性はネットやショップで情報収集しなければなりませんので、購入する前にメーカーとの相性問題が出ていないか事前に確認しておくと安心でしょう。

■メモリの選び方

メーカーによっては同じ型番でも「Mac対応」と記載されているものと記載されていないものが存在します。Mac対応と記載されているものは、「Macに取り付けて動作することを保証する」というものですので、値段が少し高くなります。基本的にWindowsパソコン用とMac用のメモリは同じ構造になっているため、仕様が同じであれば不良品でない限り動作しないということはありません。安く済ませたいという方は、リスクは少し高くなりますがWindowsパソコン用のメモリを使用するという選択肢もあります。

キットカットオンラインストアでもMac用のメモリを取り扱っております。型番も数多く取り揃えておりますので、Macのメモリ交換や増設をご検討されている方は、お気軽にご利用ください。
Macメモリ検索
Macメモリ検索